10月2日

作品の善し悪しを決めるのは
結局 作り手の固執というか変態具合であり
その深い闇を技法により
「美」に昇華させることによって
たまたまチューニングの合った者を
作家の脳内にしっかりと存在する空想世界へ
ズルリと引きずり込むことができるのだと思う。

その点で いつの日か
叶うことなら日本の監督で一番
お話をしてみたいと尊敬している方は
大林宣彦監督である。

監督の劇場デビューを飾った
へんてこホラー映画「HOUSE」を初めて観たとき
「映画って こんなに自由で、エッチで、いいんだ、、、」
と 目から鱗が落ちたようだった。
だから、僕らの何でも在りの作品の作り方は
監督からの影響がとっても大きい。
「ルールはないのだ。信じた通りにやればいい。」


昨日、監督の新作「この空の花」をキノで観た。
日本人の誰もの心に 大なり小なり傷を残した
3、11の大災害の後 大林監督が体験したこと、
とんでもなく重く感じたことを見事なまでに
映像化して私達に体験させてくれる映画でした。


自分はヒネクレ者なのか、悪人なのか、
よほどのことがないかぎり
他人のメッセージも主張も思想も
「なんか気持ち悪いな」ってしか感じないんだけど
それを伝える技には時々感心することがある。

「この空の花」には脱帽。
戦争、原爆、災害、被爆、別れ、死。
あらゆる不幸が渦になって
美に昇華してゆく奇跡の映像だった。

やっぱり、ルールはないのですね。
信じた通りにやればいいのですね。
改めて大林宣彦監督って
真の怪物だと思い知らされました。









プロフィール

koiso

Author:koiso
http://jurando.web.fc2.com/reguregu/reguregu.html

最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク