5月26日

すこし前まで、よく歩く路に、
窓辺に紙のフキダシをつけた、
40センチ位の銅で作られた
カエルの人形が立っている、
貴金属の買取店がありました。

カエルがこちらに向かって
話しているようにみえる、
店員さんによる手書きの台詞は、
割と頻繁に代えられていて、
「運動会は晴れたらいいね。」とか、
「やっと暖かくなって来たね。」のような、
当り障りの無いことばかりなんだけど、
その安定したユルさが可愛くて、
気付けば、すっかりファンになってしまい、
カヨさんと其処を通る時はいつも、
彼の言葉を予想して楽しんでいました。

けれども、ある日のこと。
数日振りに店の前を通ったら、
最初から何も無かったように、
ガラーンと空っぽになっている。
当然、カエルちゃんも居ない。
その時の自分でも驚く程の、
大きな喪失感ったら…

残念ながら会えなかったけど、
あの子のことだから、最後の日はきっと、
「バイバイ。また何処かで会いましょうね。」
って笑顔で言ってたんだろうな。
ちゃんと目に浮かぶもの。
今でも其処を通る度に、
小さく寂しい気持ちになります。

いつだってシンプル。
そりゃ、憧れるわな。



f_convert_20160525170055.jpg
プロフィール

koiso

Author:koiso
http://jurando.web.fc2.com/reguregu/reguregu.html

最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク